不倫などの行為は法律的なこととしては

不倫というのは実は違法行為ではないということを理解している人はそんなに多くないです。
もちろん、不法行為ではあるのですが違法行為ではない、ということが法律の面白いところであると言えるでしょう。
考え方として刑法と民法が明確に違いがあるということを理解しておくべきです。
要するに投獄されるのかされないのかということを考えておいてよいでしょう。
違法であれば当然、最悪の場合刑務所に入ることになるのですが不倫などではそうした牢屋に入って、というようなことにはならないわけです。
民事と刑事というのがあるわけでありそれが民法と刑法ということになります。
ただし、損害賠償のようなものは請求されることになりますので民法の違反にもペナルティ的なものがしっかりとあるということになります。
刑事事件であれば確実にその刑が執行されるということになりますが、民法の場合は裁判所命令なども出ますし、差押え等もできないわけではないのですがかなり難しいことになるでしょう。


sub置換