貸金業法という法律がありますがこれは

貸金業法という法律があります。
これは当たり前ですが貸金業に関して課せられている法律であり、要するにキャッシング業者などのことになります。
そんなにイメージとして強くを沸くことができないかもしれませんが、要するにこういうことを金貸しは行ってはいけませんよということを決めているわけです。
何時まで取立行為をしてはいけないとか何人以上で行ってはいけないとかそういうことも決まっています。
極度方式貸付などに関する規制もこの場合、この法律に入っています。
色々と大事なことはあるのですが、例えば誰から許可を得なければいけないのかということも規定されています。
一つの県のみで営業する場合においては都道府県知事で良いのですが二つの県をまたぐ場合においては、実は内閣総理大臣の許可が必要なレベルの事業になっています。
但し、金融庁にその権限が委託されていることになりますから基本的には総理大臣が何かやるわけではないです。
法律というのはこうしたことを決めていたりすることがありますし、これをやってはいけないということを規定するものでもあると言えるでしょう。


sub置換