フリーランスが知っておきたい税に関する法律

組織や団体に所属せずフリーランスで仕事をしたいと望む場合、最低限でも税金に関する法律は学んでおかなければなりません。
計算が面倒だから、税理士や会計士に依頼してしまえば安心と考えている人もいるでしょう。
しかし、詳しく税金についての法律を知っておかないと入出金の記録を怠り必要な領収書やレシートをもらわないでしまったり、破棄してしまったり懸念があります。
日ごろからしっかりと処理を行えていれば確定申告の時期になって慌てることがありませんし、税理士や会計士の方から注意を受けることも減らせるでしょう。
所得税や事業税を納めることだけを考えて貯蓄するのではなく、住民税や消費税についても忘れてはいけません。
また住んでいる地域によっては、業種によって免除や減税の対象になっている場合もありますからよく調べる必要があります。
法律に関して知識がない場合は、早い段階から専門家に相談してアドバイスを受けるようにすればトラブルを回避できますし、徐々に覚えて段取りよく処理できるようになっていきます。


sub置換